【輸入】他法令の一覧 対象の貨物であるかを確認する方法も紹介!

日本に輸入貨物を入れるときは、税関からの「輸入許可」が必要です。関税法によると、海外商品は、税関の輸入許可により、外国貨物から内国貨物に切り替わるとされています。もちろん、許可を受けていない貨物を国内に入れられません。(所有者があなたでも)

基本的に、輸入許可は、税関の判断で行われます。しかし、一部の貨物は、他の行政機関の判断が必要な物があります。これを「他法令の確認」といいます。他法令の「」とは、関税関係の法令以外を指します。

例えば、薬機法、植物防疫法などです。この記事では、他法令貨物の基礎知識と貨物の確認方法、代表的な品目と他法令をご紹介していきます。

輸入の他法令とは?

他法令とは、ある貨物を輸入するときに関税関係法令以外の確認を必要とすることです。基本的に、輸入許可は税関が出します。しかし、全ての品目について、税関の一存で輸入許可を出だすと、不都合になるケースもあります。

例えば、日本では認められていない添加物を含む食品が輸入されようとしているとしましょう。日本国内では、食品衛生法により、販売が禁止されています。であるにも関わらず、税関が日本国内の法令を無視して輸入許可を出すせば、大きな問題です。

このようなことを防ぐために、関税法70条は、次のように定めています。

第七十条 他の法令の規定により輸出又は輸入に関して許可、承認その他の行政機関の処分又はこれに準ずるもの(以下この項において「許可、承認等」という。)を必要とする貨物については、輸出申告又は輸入申告の際、当該許可、承認等を受けている旨を税関に証明しなければならない。
2 他の法令の規定により輸出又は輸入に関して検査又は条件の具備を必要とする貨物については、第六十七条(輸出又は輸入の許可)の検査その他輸出申告又は輸入申告に係る税関の審査の際、当該法令の規定による検査の完了又は条件の具備を税関に証明し、その確認を受けなければならない。
3 第一項の証明がされず、又は前項の確認を受けられない貨物については、輸出又は輸入を許可しない。

要約は、次の通りです。

  1. 輸入者は、税関から輸入許可を受ける前に関連法令の確認を受ける必要がある。
  2. 税関は、上記の関連法令に問題がないことを確認して輸入許可を出す。

食品、植物など、一部の品目には、非常に関係するため注意が必要です。もし、これらの法令をクリアできなければ、全量破棄や積戻しにも至るケースもあります。(*全量破棄や積戻しは、ともに輸入者の責任で貨物を処分すること)

他法令の一覧

他法令の一覧は、税関のカスタムアンサーページに記載されています。ここでは、特に関係しやすい他法令をご紹介します。

法令 主な品目
食品衛生法 食品、食品が触れる器具(食器)、乳幼児用の玩具等 解説記事:ゼロからわかる食品輸入食品表示法の基礎
植物防疫法 植物、果物、野菜、無加工の木材など

輸出国側で発行された検疫証明書が必要

解説記事:ゼロから覚える植物の輸入

大●取締法 CBDオイル等を検討している人は要注意
医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 サプリメント、美容器具、化粧品など、○○効果等を標榜する全ての商品が関連する可能性
家畜伝染病予防法 肉類、ソーセージ等、ハチミツ等
外為法 輸入貿易管理令(特定品目の輸入制限)
  • 電気用品安全法(PSEマーク)→電気用品、家電製品
  • ワシントン条約→動植物の製品に関する規制(アロエ、バニラ、革製等)
  • 法化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)

その他にも意外と注意するべきルールがあります。

例えば、マスクですね!こちらは、他法令には該当しませんが、パッケージに何らかの誇大広告(例:ウィルスを99%カットなど)をすると、景品表示法違反に該当する可能性があります。また、サプリメント等に多いのは、効果・効能を標榜することですね!

例えば、これを飲んだから○○間で○○になる。○○効果があるなどをうたうことは禁止されています。効果・効能等を標榜すると薬機法違反+景品表示法違反にも該当します。

マスクの前提は、単なる雑貨です。サプリメントの前提は、単なる食品です。ここに効果・効能をうたうとアウトです!

他法令貨物の調べ方

ご自身の輸入貨物が他法令に関係するのかは、次の2つの方法でわかります。

  1. 実行関税率表
  2. 税関の事前教示(相談)

1.実行関税率表

実行関税率表とは、品目毎に関税率を設定している表です。詳細は「実行関税率表の使い方」をご覧ください。この表には、関税率やHSコードの他に「他法令コード」が記載されています。このコードを基に調べると良いです。

手順は、次の通りです。まず、実行関税率表を開きます。次に該当する思われる品目の「税率」をクリックします。もし、どの品目に該当するかわからない場合は、税関の事前教示を利用します。


他法令の調べ方

税率ボタンをクリックした後に表示される画面です。おそらく、画面の右側が見切れていると思うので、画面下部のバーを右方向に移動します。

他法令の調べ方

右端に「他法令コード」があります。(例:FD)この他法令コードが必要な他法令を示します。他法令コードをクリックしてみましょう!

他法令の調べ方

他法令の一覧が表示されると思います。この一覧の中から該当するコードを見つけます。

他法令の調べ方

2.税関の事前教示

各地の税関は、税関相談コーナーがあります。ここに電話をすれば、該当する他法令、関税率やHSコード等を教えてくれます。実行関税率表で探すのは厳しい方は、こちらを利用します。なお、税関の回答内容に一定の拘束力を持たせる「事前教示制度」もあります。ぜひ、活用しましょう!

代表的な品目と他法令の一覧

代表的な品目と他法令の一覧は、次の通りです。


*表上部の「FD」等は、他法令コードと言います。詳細は、一つ下で説明しています。

品目/HSコード FD PL PA AN IQ IL IA
あさり/3
オリーブオイル/15
カカオ脂/18
牛肉/2
果物/8
コーヒー豆/9
植物
食器/69
石鹸/34
チョコレート/18
ドッグフード/23
ノン アルコールビール/22
パスタ/19
はちみつ/4
ミネラルウォーター/22
ワイン/22
香水/33
電化製品/85
電気自動車/87
豚肉/2
品目/HSコード CR PD NA FD AN MA FM
ヘルメット/65
リチウムイオン電池/85
バターオイル/4
サプリメント/21
品目/HSコード FD PA SP PL IL WA AN JK
砂糖/17
化粧品/33
ドッグフード/23
その他の品目例

以下の品目は、他法令はないです。しかし、輸入後の国内販売のときに規制を受ける物があるので注意しましょう!

例えば、子供用の服なら、家庭用品質表示法。美容機器は、単なる機械であることを前提として、他法令なしです。 →○○効果と標ぼうすると薬機法違反です。(例:パッケージやカタログ等に、効果に類する表記があるのか?など)

  • 農機具/84
  • 美容機器/85
  • キャンピングカー/87
  • キャンプ用品/63
  • 金型/84
  • 建設資材/68
  • ボート、ボートパーツ/89
  • マスク/63
  • ベビー服/62

他法令コードの説明
  • AN (家畜伝染病予防法)
  • CR (化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律
  • FD (食品衛生法)
  • FM (主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律)
  • IA (特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)
  • IL (輸入承認)
  • IQ (輸入割当)
  • JK (事前確認 (冷凍くろまぐろ等))
  • MA (畜産経営の安定に関する法律)
  • NA (麻薬及び向精神薬取締法)
  • PA (医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)
  • PD (毒物及び劇物取締法
  • PL (植物防疫法)
  • SP (砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律)
  • WA (ワシントン条約)

余談:他法令に違反するとどうなる?

弊社では、個人事業主様に向けて通関代行サービスを提供します。過去、このサービスを申し込んできた方の中には、他法令のトラブルになっている方が多かったです。

海外から商品を購入できる=日本に輸入はできる

このように考えてはダメです。日本の輸入規制上、禁止されていないのか?又は、制限されている場合は、その制限を解除するために必要な書類等は準備できるのか?から検討を始めます。

もし、この順序を間違えてしまうと…

  • 成田空港にCBDオイルが到着しているのに貨物をとめられている。
  • 名古屋港に乳児向けのぬいぐるみが到着しているのに留められている
  • サプリメントのパッケージに効果や効能が標榜されているから留めらている

などの様々なトラブルにつながります。当然、トラブルが発生しているときも貨物を保管する料金は、どんどんと積算されていきます。どんなに急いでも2週間から3週間はかかります。その間の費用は、すべての輸入者の負担です。

ようやく分析結果が出たと思ったら、どうやら日本では禁止されている成分が検出されました。したがって税関としては、輸入不許可。貨物は全量破棄又は、積戻しの選択をします。もちろん、これらの費用を含めて、輸入者が負担します。

手順を踏まない輸入は、どれほどリスクが高いかご理解いただけましたでしょうか?輸入他法令は、輸入ビジネスを実行する上で非常に重要です。決して軽く考えず、輸入を実行するに入念に準備をしておくことが重要です。

まとめ

  • 一般的な貨物は税関の輸入許可飲み
  • 関税関係法令以外の法律が関係する貨物がある。
  • 上記の貨物を他法令=輸入規制という。
  • 他法令はしっかりと理解してから輸入を実行すること

輸入サポートサービス

国際輸送の見積もり依頼

タイトルとURLをコピーしました